店舗デザイン事例を参考にしてクリニックを建築

ある程度自分で決めて施工店に行ったらスムーズに決まった

クリニック 店舗デザイン事例はらメディカルクリニック

店舗デザイン事例を参考にするとアイデアがたくさん浮かびました | ある程度自分で決めて施工店に行ったらスムーズに決まった | 患者さんやスタッフから居心地が良いと言われて満足

白だけを基調にした内装は清潔感はあるけれど無機質すぎて温もりが感じられないことに気がついたのです。
患者様には安心してほしいので、柔らかな印象になるようにライトグリーンと白を基調にすることに決めました。
外から全く院内が見えないと初めての患者さんは不安を覚えそうだと感じたので、部分的にガラスを取り入れることによって院内の様子が外からでも見えるようにすることも決めたのです。
他にも受付や下駄箱の広さや設備、待合室の雰囲気やスペースなど、あまり考えていなかった部分までしっかりと考えることができました。
そして、診察を行う場所も清潔感が感じられるけれど、不安にならないような室内になるように心掛けました。
お子様がくることも多くなる予定だったので、設備はなるべく低いものを取り入れて圧迫感がないようにした点が大きなこだわりです。
身体の不自由な人や車椅子の患者さんが来院しても平気ないように、全体的にバリアフリー化したところ、診察室を車椅子でも入ることができるように広いスペースを確保したところも正解だったと感じています。
建築するときにはこれからきてくれる患者さんのことなどを想像しながら内装や設備、外観などを決める必要がありましたが、自分で考えただけでは思いつかないこともたくさんありました。
大切なことを見落としてしまったまま建築すると完成したクリニックに後悔することになりかねないので、事前に店舗デザイン事例を確認しながら内装などを決める方法はとても良いと感じました。
ある程度自分で決めてから施工店に相談を行ったので、内容がスムーズに決まったことも良かったです。